お酒が飲めないとキャバ嬢になるのは難しいのか

お酒が飲めないとキャバクラで働くのは難しい?

お酒が飲めなくてもキャバクラで働けます

これからキャバクラで働きたいと思っている方で、お酒が苦手な方はいくつか気を付けておくべきことがあります。 他の業種のアルバイトや就職と同じように、事前の下調べや準備は働いてから大変役立ちます。 初めに失敗しないように、ここでいくつか確認しましょう。

キャバ嬢として働く前に気を付けておきたい事

結論から言うと、お酒が飲めなくてもキャバクラで働くことは可能です。
しかし、売り上げ向上やナンバーワンになるといった目標がある場合は、ハンデとなり、飲めるにこしたことはないと一般的に言われています。
ただ、一滴もアルコールが飲めないキャバ嬢でも、トップ5くらいあたりにはなれるようです。
このサイトでは、お酒が苦手なキャバ嬢がどうやってお仕事をこないしているか、まとめてみました。
これからキャバクラでお仕事したいと思っている方や、現職で悩んでいる方の、参考になればと思います。
また、お客さんとして利用している方の中でも、疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。
もしかすると、自分のお気に入りのキャバ嬢が悩んでいるかもしれませんよ。
ちょっとした気遣いでその子の気持ちが楽になりもっと楽しくお話できるかもしれませんし、キャバ嬢だけにおかず、会社などのお付き合いでお酒が苦手な方への気配りもできるようになるといいですよね。
世の中、十人十色、世界中の全員がお酒を飲める、又は好んで飲んでいるのではないと飲酒する側も意識することが現代社会のマナーの一つになっているかもしれません。
実際、ノンアルコールドリンクの種類がどんどん増えていることからも、それが分かります。
また、若い世代は、肌荒れなどを気にして、あまり飲まない傾向にあるようです。
飲酒の強要も昔よりは減り、そして飲めない女性も、それを気にせず働ける社会に少しづつなってきているようではあります。

プラスαでかわす

プラスアルファのテクニックがあると、お酒を勧められても断ることが容易になります。 では実際に働くキャバ嬢はどのようにお酒をかわしているのでしょうか。 それはお店やお客さんの理解を得ることです。 お店には必ずその旨伝える必要がありますが、お客さんに伝えるかどうかは自由です。 それぞれみていきましょう。

お酒を飲めない事で生じるデメリットとは

お店、同僚、お客さんへ正直にお酒が飲めない事を伝えても生じるデメリットはあるようです。 心構えとして、その事例のいくつかをみていきたいと思います。 給与面や人間関係は飲める人よりは大変ですが、どれも普段から気を付けていれば避ける事が多いようです。

TOPへ